スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伊東正明のうつわ 秋のひととき」 そごう横浜店

image1+(4)_convert_20150731162053.jpg

 「毎年のお盆は、そごう横浜店で作品展!」というのが、もう8年続いています。本当にありがたいことです。
今年もやりますよ。秋から冬にかけての器を持ってまいります。
 しかし暑いです。こんなに日本は暑かったでしたでしょうか。大好きな熱帯の国台湾だって、ここまで暑くないぞー!
 ふうふういいながら制作をする日々がまだまだ続きます。
 今回は、陶芸家3人でブースをつくるようなので、ぜひ足をお運びくださいな。

伊東正明のうつわ 秋のひととき
2014年8月11日(火)~17日(月)
午前10時~午後8時(最終日は午後7時閉場)

そごう横浜店6階 ジャパンショップ
◎作家全日程在店
お問合せ ジャパンショップ 045-465-5503(直通)

「きのさじ。つちのうつわ。」展 三保原屋LOFTにて

image1_convert_20150606101144.jpg

6月は二つの作品展があります。
来週から始まるのは、毎年恒例になっている、カトラリー作家の渦輪倫子さんとの二人展です。
静岡の三保原屋LOFTさん。素敵な雑貨がたくさんありますよ。
今年はスタッフの方々に協力いただいて、二人でディスプレーしてみます。
また、蓋物をふたりで合作した力作もそろいますよ。
お楽しみに!

「きのさじ。つちのうつわ。」
渦輪倫子(さじ) 伊東正明(うつわ)
2015年6月8日(月)〜21(日) 定休日なし
11:00〜19:30

三保原屋LOFT
静岡市葵区両替町2-4-1
http://www.mihoharaya.co.jp/loft/

軽くて、
手になじんで、
柔らかい口あたりと
飽きないかたち。
おなじみになれる「さじとうつわ」です。

image1+(2)_convert_20150606101226.jpg

「あかぎざか動物園」 at ギャラリー坂

IMG_2843_convert_20150525204658.jpg

 「伊東さん、動物を作ってほしいのですが」
 そう言われた瞬間から苦悩は始まったわけです。食器作家の僕に動物を作れだなんて、なんて無謀なオファーを出すのでしょう(笑い)。
 お世話になっている、神楽坂ギャラリー坂の中川オーナーのご依頼を受けて作ったのはいいんだけど。。。
 12人の作家による、ギャラリー坂10周年記念企画です。皆さん素晴らしい動物を制作していらっしゃいます。並みいる作家の中、端っこのほうに置いてくれることを願って。
 ギャラリー坂さん、おめでとうございます。

gallery坂10周年祭
「あかぎざか動物園」
2015年6月4日(木)〜8日(月)
12:00〜19:00(最終日〜17:00)
gallery坂
東京メトロ東西線神楽坂駅神楽坂口より徒歩3分
有楽町線江戸川橋駅4番出口より徒歩6分

ガラス/小保内教裕・加倉井秀昭・橋村大作・マツザキタカシ
陶磁/石川覚子・伊東正明・毛塚美知代・渡辺信史
絵画/青木菜穂・石原真季
染/板橋美紗子・翠川祥子

「みかん灰のうつわ 伊東正明の仕事」 ギャラリー藍花

image1+(3)_convert_20150427202511.jpg

 最近、熱海はとてもにぎわっています。テレビなどは毎日のように熱海特集を打っているみたいです。
 この町をよく観察して見ると、様々な人が思い想いに行動している様子が伺えます。湯河原在住のみとしては、ちょっとうらやましいです。
 そんな熱海のギャラリーで個展をひらきます。熱海市街特有の昭和レトロな町並みと、新しい「熱海」の試みを覗きにいらして下さいな。毎日ギャラリーに詰めていますよ。


みかん灰のうつわ 伊東正明の仕事
2015年4月30日(木)~5月5日(火)
AM10:00~PM5:00(最終日はPM3:00まで)

陶器の釉薬原料に熱海や湯河原のみかん灰を使用した「氷雪シリーズ」。また、真鶴の本小松石の粉末を使用した「ショコラシリーズ」。地元の原料を作品に反映させることに、こだわり続けています。ごはんを美味しく引き立てる、優しい色合いの「みかん灰のうつわ」をご覧にいらしてください。

ギャラリー藍花
静岡県熱海市田原本町3-4
TEL 0557-82-2526
JR熱海駅より徒歩3分
※駐車場はございません。恐れ入りますが、駅周辺の駐車場をご利用ください。

「春をいただく 伊東正明の器」 そごう横浜店

IMG_2574_convert_20150312085854.jpg

 「変わらなくていいのに」と思う事がしばしばあります。人に対して、ことに対して。
 常に進化したり、変化し続ける事が最適だと思えないことが最近は、多いのです。
 しかし、自分のことになるとどうでしょう。常に進化して、変化し続けることを課して生きてきたような気がします。もの作りはそうでなければいけないんだと言い聞かせて。
 でも、ふと立ち止まって「そんなに急いてどこへゆくのだ」という想いも起き上がってくるのですね。
 迷っているのです、春ですね(笑)。

 さて、そごう横浜店での春の展示会が始まります。
 桜とセットになるといいな。


そごう横浜店30周年 神奈川横浜ディスカバーウィーク
春をいただく 伊東正明の器

2015年3月17日(火)~23日(月)
午前10時~午後8時(最終日は午後7時閉場)
そごう横浜店6階 美術館通りイベントスペース
◎作家全日程在店
お問合せ ジャパンショップ 045-465-5503
プロフィール

伊東正明

Author:伊東正明
神奈川県湯河原でみかん灰釉の器をつくっています。
作品展の情報や、日々のことをつらつらと書き連ねます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。