スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋晴れの搬入

IMG_2895_convert_20101003190913.jpg

 搬入に行ってきました。
 湯河原から真鶴道路を通って、二宮から内陸方面へ。
 気持ちのいい秋晴れの中、田舎の道をだらだら走るのは気持ちいいのです。

 1時間半ほどで到着しました。
 今回は、ハウスメーカーの「和木工房」さんのモデルハウスを使って、「ギャラリー壺中天」さんが個展をしきってくださいます。
 和木工房さんの家は、シンプルであきのこない雰囲気で、とても気分がいいです。
 自分の作品が家にマッチしていて、器も喜んでいるようです。
 
 10月6日(水)と10月10日(日)は会場にいますので、遊びにいらしてください。

IMG_2888_convert_20101003190814.jpg

IMG_2891_convert_20101003190845.jpg

 伊東正明 陶器展 湯河原にてみかん灰を生かし、焼き上げた土の器
 2010年10月5日(火)~10(日)  10:30~17:00
 和木工房家づくりギャラリー伊勢原  神奈川県伊勢原市板戸152-9
  (会場地図はギャラリー壺中天のホームページをご覧ください)
  ※主催 ギャラリー壺中天 0463-73-1399
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。はじめまして。京都でうつわとアンティークの店をしています。後学のため教えていただきたいのですが、みかん灰釉とはどんなものですか。

Re: タイトルなし

cloudyさん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
「みかん灰釉」についてお答えします。
みかん灰釉とは、みかんの枝葉を燃やした灰を釉薬の原料に使用したやきもののことです。
私の地元、神奈川県湯河原はみかんの産地です。冬には農家がみかんの枝葉を剪定するので、それをいただいて自分で燃やして灰にします。トラックで4台分くらいは燃やします。
それを2ヶ月かけて水にさらしてアルカリ分を抜いてから使用します。
みかん灰だけでは釉薬としては溶けにくいので、長石・珪石・カオリンなどの土石と調合して釉薬を作ります。
この釉薬を素焼きした作品にかけて焼くと、みかん灰釉の焼き物ができます。
みかん灰は鉄分か強くてやわらかいので、とてもやさしい青色が出ます。
またわからないことがあったら聞いてくださいね。
あ、僕古いもの好きなんですよ。古い木材とか金属とか。

スゴイ!

元々、古きよきのものがすきです。
さっそく、ブログを拝見させていただきました。
地元のみかんの葉を使って、焼き物を作ってることがとてもすばらしい!!!
機会があったら、ぜひ工房に遊びに行きたいです。

Re: スゴイ!

呂暁雁先生、晩上好!
ブログ見てくれてありがとうございます。
ぜひ工房にいらしてください。大歓迎です! 展示会で出かけているとき以外は、工房で仕事をしていますので、いつでもいいですよ。
来週から先生の授業がないのがさびしいです。

毎週の月曜日、もうみんなと会えないのは確かに寂しいですね!
これから先生ではなく、友達でよろしくお願いします。
台湾の旅、もし何か聞きたいことがあれば、ぜひ聞いてくださいね!

漂亮的奥さんにもヨロシクね!!

Re: タイトルなし

来週から奥さんと二人で台湾に行きます。アー、楽しみだ。
旅の報告しますね。
迷惑でなければメールアドレス教えてください。
プロフィール

伊東正明

Author:伊東正明
神奈川県湯河原でみかん灰釉の器をつくっています。
作品展の情報や、日々のことをつらつらと書き連ねます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。