スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっくら小旅行

 とある理由で丸一日時間が空きました。めずらしー。

 一度行ってみたかった、伊豆半島南西部の松崎にある「棚田」へ行ってきました。タイミングが良ければ、稲穂が実ったところが見られると思ったのです。一方、刈り取られていたらどうしよー、とも。
 海岸沿いの国道から、軽自動車がやっとという狭い道を車でオタオタ上がって行くこと15分。目の前にたわわに実る稲を抱えるように棚田が出現しました。

IMG_2222_convert_20091009081209.jpg

 久しぶりに心が震えました。稲穂の黄緑色と石垣のグレー、遠くに海の群青と空のブルー、そして秋の海風。
 その美しさは、もはや「田んぼ」の領域を超え、自然の中に人間の知恵と労苦とが見事に組み込まれた「作品」に昇華しているように感じました。

 あー、来て良かった!

 松崎の石部地区は急傾斜地が多く稲作をするのに不向きですが、江戸の昔から「棚田」スタイルの耕作地を開墾してきたようです。
 一度は土石流の大災害にもあい、近年は減反やあまりの過酷の労働ゆえ荒れる田んぼも増えてきたようですが、最近「棚田オーナー」制度を掲げてがんばっているようです。
 棚田一枚一枚にオーナーの表札が付いています。また、「黒米」「赤米」「古代米」などと種類もかかれていて興味をそそられます。お米食べてみたいなあ。

IMG_2238_convert_20090929140329.jpg

 棚田の中には僕だけで、ほかには草刈をしているおじさんが一人。
 小一時間ほどのんびりして帰路につきました。

 帰りは大好きな「川奈ホテル」のアップルパイセットをテラスで一人。大川温泉の海沿いの露天風呂も一人。
 ナイスな一日でしたよ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊東正明

Author:伊東正明
神奈川県湯河原でみかん灰釉の器をつくっています。
作品展の情報や、日々のことをつらつらと書き連ねます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。