スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「想い」のチカラ

CA3F0125_convert_20110807192649.jpg

 「真鶴アートミュージアム」に行ってきました。
 当美術館は、真鶴半島を一周する道路に面していて、眼前には相模湾が広がる一等地にあります。
 美術館になる前はカフェで、その前は旅館だった古い日本家屋です。カフェは建物の二階に存続していて極めて眺めのいいところです。

 オープンして間もない美術館ですが、早く行ってみたいところのひとつでした。岡本太郎氏の作品を中心に、内外の著名な美術家の作品が展示されています。

 僕が一番興味があったのは、この美術館を立ち上げた方が30代の若い女性で、美術館の学芸員を希望して職を探したけれどもかなわず、ついには自分で美術館を立ち上げたという話を聞いたからです。
 そんなパワフルな人が近くに住んでいるならお会いしてみたいと思ったわけです。

 彼女の丁寧な説明にこの施設に対する愛情をかんじてとりましたが、作品の観せかたを工夫して、一般の人にも美術に触れて欲しいという気持ちがつたわってきます。
 一番いいなと思ったのは、鑑賞者と作品の距離が非常に近いところ。近いというより、もうほとんど触れる距離に作品がありとても良かった。


 エントランスの河童のオブジェ(岡本太郎作)がかわいいぞ。秋に展示替えをするということで、また行っちゃおう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊東正明

Author:伊東正明
神奈川県湯河原でみかん灰釉の器をつくっています。
作品展の情報や、日々のことをつらつらと書き連ねます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。