スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯河原で「暮らしのつくり手展」始まります!

「暮らしのつくり手展」始まりまーす!

まったくもって不精な性格で、もう一ヶ月もブログを更新していないことに気づきました。
立て続けに続く展示会の作品を制作するのに4回も窯をたき、抜け殻のミイラ状態になっていると、ブログにきがまわらないのです。

しかーし。明日からは自分が企画した展示会が始まるので、そうも言っていられないのです。
本日はその搬入日で、3組の作家が来てくれました!

みんなありがとー!
そんな皆の作品を少し紹介しましょう。

搬入時間前に一人で颯爽と車で到着しました。「工房さざんか萌」の今野恵さん。フェルトを使ってバッグや小物を制作する作家です。いろんな色のフェルトを自分で紡いだ(!)糸でかがって制作したバッグが見事です。
僕が面白いと思ったのはへんな(今野さんごめん)人形の数々。作品名に「ほほえみさん海の人」とか「セニョール・セニョリータ」とか書いてあるのだ。
とてもファニーでかわいくていいぞ。

工房さざんか萌


次は「今湯河原に着きました」と電話がかかってきた、「akiko saito」こと斎藤明子さん。東京から遠路はるばる来てくれました。
イラストレーターの彼女が描く世界はとにかくかわいらしい。像やねずみが宴会をしていたりする。いわばLOVE&PEACEがあふれた世界。ポストカードも格安であるので、手元にあれば幸せになれそうです。

IMG_1926_convert_20090428221615.jpg


そして、迷いに迷って車で到着した「宮冨ガラス工房」の富樫葉子さん。ご主人の宮尾洋輔さんは仕事で今日はこれないとのこと。お二人ともガラス作家です。
彼らの作品は非常に興味深い。「いったいこれはどのようにつくるのだ?」というものばかりで、説明を聞くと「まあ、よくもまたそんなめんどーなことを!」というくらい手の込んだものです。

IMG_1927_convert_20090428221453.jpg


今日は都合が悪くいらっしゃれなかったけど、相変わらず気合の入った作品を送ってくれた「工房Rokumokuの渦輪倫子さん。
彼女のスプーンは非常に口当たりがよく使いやすいと評判です。デザインもとても都会的で僕も大好きです。

IMG_1929_convert_20090428221702.jpg


最後に私の作品です。2月に同会場で個展をやったばかりで目新しいものは多くないですが、新しい釉薬のものや蓋物があります。
みかん灰の器を楽しんで頂けると思います。

IMG_1930_convert_20090428221743.jpg


ゴールデンウィーク、手作りの良さを確認しに湯河原にいらっしゃいませんか。きっとあなたのお気いに入りの作品が見つかりますよ。

暮らしのつくり手展 手のひらから生まれるもの
2009.4.29(水)~5.6(水) 無休 OPEN 11:00~17:00

木のスプーン 工房Rokumoku
フェルト さざんか萌
ガラス 宮冨ガラス工房
イラスト akiko saito
土の器 伊東正明

SOLID SPACE 青
〒259-0304 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋774-21
TEL 0465-63-3448 専用駐車場あり
スポンサーサイト
プロフィール

伊東正明

Author:伊東正明
神奈川県湯河原でみかん灰釉の器をつくっています。
作品展の情報や、日々のことをつらつらと書き連ねます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。